英会話の学び方

英会話は、いくつかの学び方があります。それは通学制と通信制です。通学はその名の通り英会話教室に自ら足を運んで、レッスンを受けることです。通信制は、オンラインや教材のDVDで学ぶ方法です。では、この2つの違いをご紹介したいと思います。

和やかな雰囲気で学ぶ

生徒と先生

中学の英語教育から早数十年、読み書きや文法を重視していて、「聴く・話す」が抜けてしまっている社会人も少なくありません。留学でもしない限り、外国人と話したことが無い人がほとんどでしょう。せめて週1や1時間でもいいから、ネイティブの英語を聴く時間があれば、いつでも英語のシャワーを浴びることができれば、こうした考えの人達から英会話教室は人気になっています。おすすめの英会話教室でのレッスン内容は、テキストを使わずに、2時間のフリートークです。皆で学ぶという感覚があって楽しめる、テキストが無いから、間違いを気にとめることも少ないようです。コーヒーを飲みながら、こうした英会話教室も人気になっています。

お喋りも専門的知識もつく

スピーカー

いくら英語で話していても、相手が生粋の日本人である限りは控えめな表現、謙遜の気持ちが必要です。ですから、学ぶ意欲や姿勢によって、どの英会話教室を選ぶべきか、自ずと分かってきます。学習そのものならば留学ですし、楽しくお喋りすることが目的ならば英会話サークルです。そのどちらにも当てはめることができるのが英会話教室で、ゼロから自分なりにスケジュール調整ができるのも人気のようです。検定試験を目指す、楽しく世界中の人とコミュニケーションを取りたい人にこそおすすめされています。

趣味の範囲で学べる

English

時間を持て余しているなら、加えて勉強が好きならば、英会話教室に通ってみるのがおすすめです。もちろん、目標も学び方も様々なやり方があっていいとも思いますが、長くやっていく内にたどり着くところは、人との繋がり、心を通わせる喜びに行き着くようです。そうした経験が、英会話教室でならばできますし、時間がたっぷりできたシニアエイジこそ、絶好のチャンスとも言われています。英語に興味はあるけれど、自信がない人は、旅行と英語、スポーツと英語というように、趣味に英語を加えてみるだけで継続できるようです。

学校では年齢は関係ない

模型

シニアエイジも英語を本気で始めてみてはいかがでしょうか。おすすめの英会話教室では、年齢に負けずに単語を覚えられたり、お金をかけずにペラペラになれます。日本にいながらにして、英語を話すチャンスをつくることもできます。本当に使える英語を身につけるには、知的記憶でなく、聞く、話す、書く、そこに身体を動かす運動記憶として覚えこむことで定着するようです。

広告募集中